車等を所有している場合は、カーフェリーによる輸送も。

沖縄への長距離引っ越し

 

長距離引っ越しの代表とも言える沖縄への移住。その沖縄への移住の仕方ですが、まず向こうで暮らす家とこちらで暮らすarrow 家の契約の問題があります。
基本的には沖縄の物件を本島等で検討して契約することになりますので、連絡はメールや電話が基本となります。
やり取りが直接できないことが多いですから多少時間は掛かってしまいます。

 

沖縄移住 その後の暮らし

次にやらなければならないことはarrow 引っ越しの準備です。
特に車等を所有している場合はカーフェリーによる輸送になりますので、それなりの費用が掛かります。
引っ越す荷物も費用がかさんでしまいがちですから、その分も計算に入れておかないといけないでしょう。

 

 

 

実務的なことも大事ですが、arrow 役所への届出も重要です。
住民票等の切替がありますので現地に到着したらすぐに市役所に向かい、必要な登録をしてください。
年金や運転免許証や国民健康保険などさまざまな契約や切替が必要になりますので事前に準備しておかなければいけません。
また、まだ新しい仕事が決まっていない場合はハローワークに行き、移管手続きを済ませて案内して貰ってください。

 

基本的に沖縄への移住の仕方は他の地域に引っ越す時と同じような手続きとなります。
特別な契約等はありませんが、沖縄の風土に慣れるために事前に勉強しておく必要はありますよ。