長距離の引っ越し。荷物の輸送方法いろいろ

近距離であれば大きな問題は発生せずに引っ越し業者を利用できますが、長距離や遠距離の引っ越しの場合では荷物類の移動方法について、いくつかの選択肢ができてしまいます。

 

トラックで長距離引っ越し

 

一般的にはチャーター便と言って、arrow 同じトラックで長距離を移動する方法がありますが、公道を移動する際には多くの時間を費やしてしまうことになり、arrow コンテナやJR貨物を利用する方法も用意されています。
このタイプではトラックの他にJR貨物の列車を使って移動させることが可能になり、列車の場合では到着する地点で他の輸送トラックが待機していることも一般的です。具体的にはコンテナに荷物を積みいれた最初のトラックと、列車で移動した後に引き受けるトラックが異なる特徴があります。

 

他の長距離引っ越しの手段としてはarrow フェリーを活用する方法です。カーフェリーを利用することが多く、トラックでの輸送で海を渡って移動させる手段として利用されたり、マイカーを所有されている方で、海を渡る場合では必要不可欠な手段としても活用されています。

 

arrow 飛行機を使って荷物類を輸送する手段もあります。このタイプの長距離引っ越しでは金額が高額になる可能性を持っていますが、移動時間を大幅に短縮させることができ、引っ越しを急いでいる方にとっては効果的な方法です。

 

arrow マイカーをお持ちの方で、荷物が極めて少ない場合では、自走しながら遠方まで引っ越しを行う方法もあります。マイカーがない場合は、レンタカーという手段もあります。乗り捨てというオプションサービスを利用すれば、借りたレンタカーの店舗と返す店舗が異なって良いため、長距離引っ越しでは、非常に便利なオプションです。

長距離引っ越しの基礎知識

以下では、長距離引っ越しをする際に注意する点、おすすめプランなど基本的な情報をまとめています。

 

長距離引っ越しにかかる日数。前日から準備が必要な場合や、フリー便の活用について

 

同じ県内などの近場の引っ越しではなく、ある程度の長距離の引っ越しの場合に、出費を少しでも抑えようと思ったら、日数が掛かったり、前日など引っ越し業者の都合に合わせなければなりませんが、フリー便を頼むと良いでしょう。
arrow フリー便は、荷物を預ける日や到着までの日数が若干掛かりますが、引っ越し荷物の混載などにより、長距離料金が格安になりますので、お得です。

 

長距離の距離にもよりますが、長距離といわれる引っ越しは、元々出発する日に荷物を積み込んで、当日に荷物を新居に運び込むこと自体難しい問題がありますですから、余裕を持って前日以前に荷物を出して、翌日以降に荷物を受け取るのが理想的といえます。特に引っ越しシーズンのピーク時は、更に時間的な余裕を持つことを心掛けたほうが良いでしょう。大家族が一家をあげて引っ越しをする場合は、あまりフリー便はおすすめでな方法ではないかもしれませんが、単身赴任や独身の人の移動は、是非ともフリー便の活用を考えてみてください。
なお、長距離の移動の場合は、ことによったら今まで持っている荷物を処分して、新しい場所で新しいものや中古品を手に入れることも視野において考えた方が、お得なことがあるかもしれません。

 

荷物の少ない一人暮らしなら、単身パックがおすすめ!

 

荷物の少ない一人暮らしの引っ越し

 

近場への引っ越しなら業者に依頼する必要は必ずしもありません。しかし長距離引っ越しとなれば業者を活用しないわけにはいかないでしょう。
ただ、長距離ともなると引越費用が気になります。できれば安く済ませたいところですので、もしも荷物の少ない一人暮らしの方なら単身パックを利用するのがおすすめです。

 

check単身パックとは、規格サイズのコンテナを使用し、他の単身パック利用者のコンテナと一緒に運んでしまう引っ越しプランです。複数のコンテナを一緒に運ぶことでコストが削減できます。
気になる費用に関しては、コンテナのサイズと引っ越し距離に応じて料金が設定されています。コンテナサイズは業者によりますが、2〜6万円が平均価格です。

 

一人暮らしの方なら単身パックを使用して引っ越すケースが多くなっています。
ただし、あくまでも荷物の少ない方にお得なプランであることは理解しておきましょう。もしコンテナに荷物が詰め込みきれない場合はコンテナ台数を増やすしかありません。すると2台分のコンテナの使用になってしまい、コンテナに空きが出ても2台分徴収されるため高くつく可能性も出てくるでしょう。
一人暮らしだし、長距離引っ越しだし、という単純な理由だけで選択するのはやめましょう。

 

引っ越しのプロロの長距離引っ越し

 

「引っ越しの プロロ」の長距離引っ越しのプランは充実しています。

 

様々なお客の要望に応えるためにarrow 「期間、期日が優先のプラン」arrow 「料金の安さが優先」の2つのプランを用意しています。さらにお客の要望に応えるために、様々な長距離引っ越しのプランを用意しています。

 

急な出張や引っ越し時間を短くしたい方におすすめの 「超速1day便」、仕事の都合で引っ越し期間を限定したい方向けの「直行便」があります。
さらに、単身、学生などで実家に帰るための 「ご実家フリー便」、単身、学生で実家から引っ越しをする 「お手ごろ定期便」があります。

 

check 「引っ越しのプロロ」全体の特長は、「料金を少しでも安く、安心で任せられる引っ越し業者を探したい」というお客のニーズのために、お客それぞれの要望に合わせたプランを提案しているところです。さらに、多彩なブランに合わせて無料のサービスやオプションなどを組み合わせて、お客に合った引っ越しブランを提案します。これが「引っ越しのプロロ」の特長です。

 

「引っ越しのプロロ」では引っ越しが初めての方に当日の流れをお伝えしますので、引っ越し当日の流れがスムーズになります。荷物を運ぶ以外にも無料での梱包資材の提供や、引っ越しに役立つオプションサービスを充実させています。
「引っ越しのプロロで」は毎年全国で10000件以上の作業を受注しています。お客に満足いただくために、「実績による安心を提供すること」に努めています。

 

コラム 引っ越しで遠距離恋愛が決まったら…。長続きするコツは

長距離引っ越しについてまわる恋の悩み。それが遠距離恋愛です。

 

引っ越しで遠距離恋愛が決まると、恋愛をこのまま継続できるのか、多くの方が不安になってしまうものです。しかし、現在では、公共交通機関のチケットは工夫次第で格安で購入することができますし、相手の顔をみながら会話のできるツールも豊富ですので、できるだけ駆使して、不安なく遠距離恋愛を乗り切れる工夫をしてみましょう。

 

引っ越しが決まってから離れ離れになるまでの間に、お互いの連絡頻度や時間、手段などについて確認をしておきましょう。また、実際に新生活がスタートすると、思いのほか忙しくて連絡が取れなくなることもあるものです。このようなときには、極力時間を確保して、こまめに状況を伝えておくとよいでしょう。
普段なかなか会うことができない分、連絡が途絶えてしまうと、気持ちに変化があったのではないかと疑心暗鬼になりがちです。近くに住んでいた時よりもコミュニケーションをしっかり図ることで、不安を解消することができます。

 

離れて暮らすことで、お互いの存在が自分にとってどのくらいの価値を持っていたかを確認する効果も期待できます。一緒に暮らしたいという気持ちに弾みが付けば、遠距離を解消して一緒に生活するきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

関連サイトのご紹介

  • 荷物を送る方法 http://www.nimotsu-okuru.com/

    宅急便で荷物を送って引っ越しする場合のメリットとデメリットをまとめました。

  • レンタカーでトラックを借りるなら http://www.xn--lcki0cry2rra0d9d.net/

    2トンや3トンのトラックを自分で借りて引っ越しする場合のメリットデメリットについて記載しています。